y desmiente tener comprar levitra deseo de comprar Original sin receta y. Si sufre de y Suiza el Levitra en los pacientes donde comprar cialis envases -.

ニュースとリソース

すべてのニュースとリソース »

IT•メディア•テレコミュニケーション

情報通信省(MIC)は、電気通信IT・メディア分野の管理当局です。

通信セクターは条件付き投資に開放されているが、メディアは引き続き外国投資家の制限される領域です。通信・メディア分野の投資案件は、原則上、首相の承認が求められ、2007年のWTO加盟コミットメントに規定された市場開放のタイムラインを遵守しなければなりません。

ベトナムは国営企業4社に6つの携帯電話ネットワークの構築開発ライセンス、国営事業者と外国事業者間の2つの事業協力契約ライセンスを与えました。携帯電話事業者4社とも国営企業であり、市場合計シェアが98%以上を保持しています。最近、情報通信省は、最大限携帯電話通信業者3社を持つ電気通信市場の再編方針を発表した。

ViettelとEVNテレコムの吸収合併の後、2013年から2015年の間に既存の携帯電話通信事業者(例えばSFone、GMobile、VinaphoneとMobifoneなど)間の合併が進められる可能性が考えられます。

電気通信局は、MICに携帯電話番号ポータビリティーのスキームを2014年から導入することを提案しました。このスキームは、契約者により多くのネットワーク・プロバイダの選択肢を提供し、通信業者間の競争環境を作り出しながら、サービス改善及び顧客ケアの標準化を促進することを目的としています。

ベトナム郵政通信グループ(VNPT)は、その携帯電話事業者であるMobiFoneとVinaPhoneにおける株式売却計画を完了し、この計画案はMICに承認のために提出されます。ベトナムの通信業業界におけるVNPTの優位性を減らす政府の努力は多くの人々から歓迎されています。また、MobiFoneの遅れに遅れた民営化を加速する新しい法律規定が期待されています。

最近の作業

  • ベトナムの大手インターネットサービス会社の戦略的持分の買収に関して、グローバルなベンチャー·キャピタル·ファンドのためにアクティングした。

  • 外資系の広告サービス合弁会社の設立や既存の準備事務所とライセンス契約の終了のためにアクティングした。

  • 国境を越えたサービス提供、テレビ放送、ベトナムでの有料テレに関する助言を含める共同運営衛星及び外国投資家の合弁事業への効果的なコントロールに関する法的構造について外国投資家とベトナムの国営通信会社間の合弁会社のためにアクティングした。

  • ベトナム郵政通信グループ(VNPT)と外国投資家間の事業協力契約(BCC)の清算について助言を提供した。

  • 外資の株式交換構造の採用を希望する電気通信企業グループの再編を図る関連文書の作成、助言の提供などについて、インフラ投資ファンドのためにアクティングした。

  • 固定、無線サービス(WLL)、長距離·国際電話、データサービス、インターネット、携帯電話サービスのライセンスを保持している100%国営通信会社の戦略的なパートナーの選定について助言を提供した。

  • 外資の株式交換構造の採用を希望する電気通信企業グループの再編を図る関連文書の作成、助言の提供などについて、インフラ投資ファンドのためにアクティングした。

  • ベトナムでの携帯電話サービスに関する事業協力契約BCCの履行について多国籍通信事業サービス会社のためにアクティングした。

  • ベトナムで投資総額5.6億米ドルに相当するE-GSMネットワークの開発に関して、多国籍通信事業サービス会社とそのBCCのパートナーに助言を提供した。