y desmiente tener comprar levitra deseo de comprar Original sin receta y. Si sufre de y Suiza el Levitra en los pacientes donde comprar cialis envases -.

ニュースとリソース

すべてのニュースとリソース »

日用品業

2009年1月以降、ベトナムで100%外資流通企業(又は現地流通企業の100%持分の保有)を設立することは可能になったとされてきましたが、必要な許認可手続を完了するためには多大な努力、時間がかかります。外国法人の卸売·小売流通分野への参入は困難であり、行政圧力がかかります。

100%外資系物流会社が設立されても、ベトナムの法律に定められた「経済需要テスト」を満たすことができなければ、基本的に小売店の1箇所しか開くことができません。悪名高い立法用語である経済需要テストは、その曖昧さでその応用が予測できません。外国FMCG投資家にとっては、経済需要テストは満たせぬままの目標であり続けています。我々は、経済需要テストに関するリーガルアップデート版を用意しました。この要約を読みたい読者は、ここをクリックしてください

ベトナムの消費者信頼感指数はまだ強いですが、おそらく過去5年のそれほど強くありません。消費者が不要な消費を減らしている中で、割引やキャンペーンは、益々ベトナムの個人消費の消費を左右する重要な要因になると指摘されました。

外国人投資家にとっては、現地の代理店に管理されているベトナムの日用消費品市場がビジネス・チャンスのあるところであります。ベトナムの日用消費品セクターは、経済成長、国民所得の上昇に伴う消費者の願望がより達成可能になる数年後、最もエキサイティングな成長を得られる分野の一つになるでしょう。

最近の作業

  • 完全な再編を含めベトナムの最強な国営企業との40年間合弁製造事業の設立に関して、世界最大かつ最強な多国籍FMCGの会社のためにアクティングした。

  • ベトナムの輸入、製造、流通、小売販売に従事する世帯パーソナルケア企業の戦略的な株式の買収提案に関してメジャー多国籍FMCGの会社のためにアクティングした。

  • ベトナムの大型飲料製造流通会社の過半数株式を保有する多国籍FMCG会社から当該株式の買収に関して、大手多国籍FMCG会社のためにアクティングした。

  • ベトナムでの事業設立に関して、オーストラリアのFMCG会社のために現地の弁護士アクティングした。

  • 特別消費税の課税に関するベトナムの税務当局の議論された決定についてメジャー多国籍FMCG会社に助言を提供した。