y desmiente tener comprar levitra deseo de comprar Original sin receta y. Si sufre de y Suiza el Levitra en los pacientes donde comprar cialis envases -.

ニュースとリソース

すべてのニュースとリソース »

株式化

ベトナム国営企業(SOE)の株式化と改革は、1990年代半ばから明確なロードマップやスケジュールがなく始まりました。株式化された一部の主要国営企業が10年後成長の弾みを得ました。銀行とテレコム・セクターの民営化は遅々としています。ベトナムのSOEの株式化は、まだ十分実現されていません。

SOEの株式化は、誇大広告と政府の株式化計画発表に伴う興奮的な初期が過ぎた後、期待ほど成果を得られませんでした。株式化が成功した事例は、残念ながら外国投資界の期待よりも大幅に縮小した規模で実施されてきました。

経済の厳しい年であった2012年を背景にした政府は、2013年から5年間で実施すべき数百社の株式化計画を発表しました。これがうまくいけば、外国人投資家が優れた投資機会を得られ、ベトナム経済が刺激されることになるでしょう。

立法改革は、今後の株式化プロセスに明確性と透明性を与え、外国人投資家の利益を増強させることが期待されます。

ただし、戦略的な外国投資家の株式化プロセスへの参加は、決して簡単なことではありません。法制度規制が明確で、よく定義され、容易に理解できるまでには、まだかなりの距離があります。当事務所は、株式化プロセスを図って整備されている法制度の改正情報を提供します。この要約版を読みたい読者は、ここをクリックしてください。株式化の概念がベトナムに導入された1990年代半ばから密接に株式化事業に従事してきた法律専門家からの重要で、質の高い法的助言をやはり無視してはならないでしょう。

最近の作業

  • 潜在的な株式化の対象としてアップされた国営電気通信企業の買収に関心のある外国当事者に助言を提供した。

  • 固定、無線サービス(WLL)、長距離·国際電話、データサービス、インターネット、携帯電話サービスのライセンスを持っている100%国営通信会社の戦略的なパートナーの選定について助言を提供した。

  • ベトナムの上場会社に株式の売買取引について助言を提供した。

  • 株式化された国営保険会社の買収事案に関して、ベトナム側の法律顧問としてアクティングした。具体的なトランザクションは、クライアントの出された投資案件を検討するためのデューデリジェンス、ベトナムの法制度概要のレビューなどであった。

  • 多国籍保険会社にベトナムの上場保険会社(旧SOEあった)の買収について助言を提供した。

  • ベトナムの最大級国営海運物流企業の 「戦略的な株主」の落札、サブスクリプションに関して、香港に拠点を置くメジャープライベート·エクイティ·ファンドのためにアクティングした。