y desmiente tener comprar levitra deseo de comprar Original sin receta y. Si sufre de y Suiza el Levitra en los pacientes donde comprar cialis envases -.

ニュースとリソース

すべてのニュースとリソース »

雇用と人材

社会主義国であるベトナムの法制度の下での被雇用者の権利と労働条件の厚い保護は、驚くべきことではありません。 1980年代半ばから市場経済に移行しているベトナムでは、雇用方法や労働契約条件に根本的な変化が見られました。ベトナム人の従業員は外国従業員よりも高レベルで法的保護をうけています。

市場原理の雇用への導入は、ゆっくり動いています。従業員の解雇理由は、狭義に定義されています。また、労働法は他の法律と矛盾していることがあります。法律、政令、通達、決定事項、その他の法規範文書など、複雑な迷路がある中でいかにして労働法を遵守するか、多くの雇用主の関心をあつめる大きな課題になっています。

新労働法は、2013年5月1日から施行されました。現行法に比べたこの新法の最も重要な変化は、「労働者のアウトソーシング」概念が導入されたということです。これは、ベトナムで事業を行う外国投資家や企業が柔軟な人員を配置することができる重要なステップとして認識されています。

我々は新たな労働法上の準備した法的アップデートにあなたの注意を引く。この要約を読みたい場合は、ここをクリックしてください

最近の作業

  • 配置、出向、雇用契約、パフォーマンスの問題や労働争議など外国人従業員の問題について助言を提供した。
  • クライアントの金融債務を最小限度にして雇用契約を終了させる可能性について外資系メジャー企業に助言を提供した。
  • 様々な業種に従事している多くのクライアントのために、それらの社内就業規則、労働協約、人事マニュアルをレビューした。
  • ベトナムでの人材紹介サービス会社を設立しようとする外国人投資企業に助言を提供した。
  • 贈収賄防止、腐敗防止法令のコンプライアンスに関して多国籍メジャーFMCG会社の担当者へのセミナーや研修会を実施した。
  • 雇用の観点から事業リストラに関して外国多国籍企業に助言を提供した。具体的にリストラや業務変化による直接的結果として、特定の労働契約を終了し、従業員を解雇した。また、再編会社に残った従業員の労働契約が同社の再編に応じて修正された。労働当局との関係対話はリストラ・プロセスに保管された。
  • ベトナム人従業員へのパフォーマンス·シェア·プランについてベトナムの規制上の助言を提供した。
  • ベトナム駐在事務所の開設に伴う潜在的な雇用問題や、駐在事務所の手続及び実行可能性、駐在員事務所の従業員の役割分担、給与など適法に作られたグローバルな奨励金制度について、科学・医学文献の大手出版社に助言を提供した。
  • CEOのボーナスに加えて、主要株主や外国エンティティが最高経営責任者(CEO)に支払うボーナス制度の確立についてベトナムの法制度及び手続の助言を提供した。ボーナスが海外で支払うという最高経営責任者CEOと株主間の機密的な取り決めであった。